色々な生活の知恵をお届けします

ボウリング 上達のコツ:上達できない理由

ボウリングを上達させたいと思って一生懸命に練習するのはとても素晴らしいことですが、その練習方法や投げ方が間違っているといつまで経っても上達できません。

にも関わらず、間違った練習方法、投げ方で練習しているマイボウラーが多いのです。

たとえば・・・

ボウリング 上達 コツ


1.ボールを曲げようと意地になる

マイボウラーと基本的にボールを曲げようとして、そう意識しながら投げている方が多いですが、それ自体が間違いです。

強引に曲げようとして、手首や腕を必要以上に動かしている方がたくさんいらっしゃいます。

回転数が増えて、ポケットに進入する角度がある程度あったほうがストライクが出やすいのは間違いないです。

ただ、強引に曲げようとするばかりに、スイングも強引になってしまい、それにプラスしてタイミングまで狂ってしまいます。

そうすることでボールに対して適切に助走のエネルギーが伝わらないので、かなり非効率になります。

ここで勘違いが起きやすいのですが、上記のようにタイミングも悪く、助走のエネルギーもしっかり伝わっていないので、ボールが遅くなったことに伴ってボールが曲がりやすくなります。

ただ、この場合は変に曲がりすぎてしまったり、コントロールも乱れて、スピード感のない単に弱々しいボールになりますから、ポケットに上手に入ったところでピンが残りやすくなってしまうのです。

そしてこの誤解の恐いところは、ボールのスピードが落ちて弱々しく曲がっているだけなのに、上達した、上手くなったと勘違いしてしまうところです。

たまたまそのボールでも上手くピンが倒れることもありますが、安定しませんし、長くは続かないでしょう。

そんな投げ方を繰り返して、その癖が抜けなくなってしまったら…と思うと恐ろしいですよね。


2.理解もないままリストタイを使う

誤解しないでほしいのですが、リストタイを使うこと自体は問題ありません。

その正しい使用用途を理解せずに『ボウリングを上達させるならリストタイは必須だ』とむやみに着用してしまうのが問題なのです。

リストタイはどんな用途を持って使用するのでしょうか?

これは本来、手首を固定するために作られ使用されているものです。

スイングの時に不必要な手首の動きを抑えてくれる働きを持っています。

ボウリングの一昔前。
パワーよりもコントロールが重要視されていた時代は当然のように使用していましたし、リストタイを使うのが常識と言えるほどでした。

しかし、今ではパワーよりもコントロールとは言い切れないようになってきていますし、手首の自由な動きを奪う恐れのあるリストタイは必須ではなくなっているのです。

もし、あなたが本当の用途で必要なのであれば、あなたの投球に取ってブレなどを抑える役目になってくれるのであれば、使用するのは問題ないのですが、盲目的に使用しているのであれば、それは上達の妨げになっている可能性もあるということです。

また、ボウリングの本場アメリカのトップ選手は、ほとんどの選手がリストタイを使わないという事実も知っておいてほしいことではあります。


いかがでしょうか?

上達のコツ…というよりも、上達できない理由のような内容になってしまいましたが、何かの参考になれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント