色々な生活の知恵をお届けします

音痴を直す方法『2つのポイントから見る音痴』

・歌が下手でカラオケに誘われるのが嫌
・カラオケに行っても恥ずかしくて歌えない
・飲み会で先輩や上司に「歌え!」と言われるのが恐い
・カッコよく歌えれば彼女に聴かせられるのに…

このような悩みを抱えている人はたくさんいて、それを解決できずに『カラオケ嫌い』を貫き通しています。

音痴を直す方法

ただ、本当は1つの遊びの選択肢として、普通にカラオケに行けたら良いですし、ものすごく上手いわけじゃなくても、普通に歌えれば楽しめるんだろうな…とは思っているはずです。

でも音痴だし、直らないし、カラオケなんて行きたくない。
歌なんて歌いたくない。

そう思ってしまうかもしれませんが、そもそも音痴とはなんでしょうか?
考えたことありますか?

普通、音痴といえば『歌が上手に歌えないこと』ですよね。

もっと素直に言ってしまえば『歌が下手くそ』だということです。

でも、実はこれは間違ってはいないですが、半分ハズレです。

“歌が下手”だけでは説明しきれていないのが、音痴というものですし、そこがわかっていないから音痴を直せないともいえます。

まず、なぜ歌が下手なのかというと、それは音をしっかり感じることができないからなのです。

そして、正しい音で声を出すことができていないからです。

さらにそこにプラスして、しっかりと声を出せていないからです。

ここから考えると、厳密に音痴というものを説明すると

・音に対する感覚が鈍いこと
・声の出し方が分からないこと

になります。


つまり、音痴だというのは単に歌が下手ということではなく、

・音に対する感覚が鈍いから上手く歌えない
・声の出し方を知らないから正しい声が出ない

ということなのです。

こうやって分解して考えると少し音痴を直すにはどうしたら良いかが見えてきませんか?

たとえば無意識に歌う鼻歌ならば、そこまで『音痴』というほどのことにはならないのに、いざカラオケなどで声に出して歌うと思っている通りの歌にならずに音痴になってしまったりしませんか?

それは音感を良くする方法だったり、声をキレイに出す方法を知らないからなんです。

そんな方法みんなは習ったのか?
いや習ってないでしょう。

周りのみんながそれをできているのは自然にできていたというだけです。

そしてあなたはたまたまそれが自然にできない、というだけなんです。

人には言われてできること、言われないとできないこと。
教えてもらってできること、教えてもらわないとできないこと。

など、人それぞれで違っています。

それは才能という場合もありますが、『たまたまそうだった』ということも往々にしてあるのです。

ですからできるかどうかは才能とは関係ない可能性が高いです。

いかがでしょうか。

まず『音痴を直す』や『カラオケを上手く歌う方法』という考え方ではなく、分解した部分の『音に対する感覚を磨く方法』を学んでみたり、『声の出し方』を学んでみたりすれば、実はあなたの音痴は簡単に直るかもしれません。

少し参考にしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント