色々な生活の知恵をお届けします

卓球 中学生のための試合に勝てる上達法

卓球を上達させるための練習法をしっかりと行なうことができれば、怒鳴りつけたり、厳しいトレーニングを無理矢理に課すようなことをしなくてもお子さんは上達することができます。

・成長が遅く体が小さくても
・体力に自信がなくても
・他の子よりも筋力がなくても
・たとえ小学校低学年でも

正しい練習法を行えば、お子さんは“楽しみながら”上達することができるのです。

卓球 中学生 練習

小中学生に卓球を教える際に重要なポイントは目先の勝敗にこだわらないことです。

ジュニア選手は伸びしろがまだまだあり、挑戦できる試合数も相当な数があります。

ですから、今日明日の結果ばかりを気にしてそこを目標に練習をするとついつい厳しくなりがちですし、何らかの内容に練習が偏りがちです。

ですから、まずは目先の勝敗にこだわらず、お子さん個人の『基礎力を徹底的に伸ばす』ことが大切です。

目先のことばかり考えていると、この『基礎』という部分がないがしろになりがちで、技術的・テクニックな部分を教えてしまうことが往々にしてあります。

基礎ができていない応用というのは技術的に程度の低いものになってしまいますし、変な癖がついてしまう原因にもなるのです。

 

また、目先の勝敗に縛られない練習は、子どもたちに心の余裕が生まれますから、結果的に自主的にのびのびとやる気を持って練習することにも繋がるのです。

個人の基礎力、スキルアップに重点を置くので『今まで上手くできなかった○○ができた!』『○○のスピードが上がった』『○○のキレが増した』などのことに喜ぶことができるので練習を楽しむことができるのです。

勝敗ばかりを気にしていると、それができたからといってどうということはなく、それが試合で通用するのか、それを使って試合に勝つことができるか?ということしか考えられませんし、指導者もそこに重点を置くので、できたことに対してあまり褒めることもありません。

そんな状態では自主的に楽しく練習することはありませんから、よほどストイックな子じゃない限りは練習が嫌になってしまうでしょう。

 

もちろん、勝敗にこだわることを否定するつもりもありませんし、試合に勝つことももちろん大切です。

勝てばその分、喜びも大きいですし、それがやる気にも繋がるでしょう。

でも、誰もが才能があり、ストイックに練習を積み重ねて実力をすぐに発揮できるわけではないのです。

ゆっくり少しずつ実力を付けていって、成長速度は遅いながらも上限が他の子よりも高いところにあって、将来的に超優秀な選手になる可能性だってあるわけです。

目先の勝敗にばかり気を取られていたら、成長スピードの遅い子は『才能がない』 『弱い』というレッテルを貼られて、それ以上頑張ることをやめてしまうかもしれませんよね。

それではせっかくの才能が潰れてしまいます。

 

まずは目先の勝敗にとらわれず、コツコツと基礎力とスキルを高めていけば、子どもに自主性が生まれ、練習の質も高くなり、楽しく上達できるので、結果的に試合に勝てるようになるという流れが理想ではないでしょうか。

もし、お子さんが卓球が上達できず伸び悩んでいたり、練習が楽しくなさそうに見えるのであれば、この考え方も参考にしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント