色々な生活の知恵をお届けします

テニス ダブルス 戦術…の前に『勝てないペアがやっていること』をしていませんか?

健康のためや楽しむためにテニスを続けている愛好家さん、
トップレベルのプレイヤーを目指している選手のみなさん、

テニスをもっと楽しむために、もしくはテニス大会でダブルスなどで少しでも良い成績を目標としているなら、普段はどんな練習をしていますか?

・サーブやスマッシュなど個人技術のレベルアップに努めている
・バックとして打ち合いに強くなるように励んでいる
・雁行陣、並行陣など『戦術』を学んでいる
・フロントとして必須のスマッシュの技術アップを練習している

このような練習をしているとしたら、もしかしたら体力、時間…場合によってはお金も無駄にしている可能性があります。

テニス ダブルス 戦術

つまり間違った練習方法を続けている可能性があるのです。

ダブルスのための練習だと思って続けている練習があなたの上達をはばむ、効率の悪いトレーニングになってしまっているかもしれません。


■コミュニケーションが大事ですか?

ダブルスはシングルスと違ってパートナーがいます。

ダブルスなので当たり前のことですが、このパートナーがいることで、コミュニケーションを第一に考えてしまうペアがあるのですが、それはちょっと待ってください。

誤解しないでほしいのは、ダブルスではペアでの連携・コミュニケーションは欠かせない部分ではあります。

ですが、このペアの連携・コミュニケーションが活きてくるのは、しっかりと試合の主導権を握り、確かな個人技術の裏打ちがあってこそではないでしょうか?

もちろんシングルスで用いる技術とは違う、『ダブルスでの個人技術』ですが、それがあり、連携するための土台があってこそ、ペアとの連携・コミュニケーションが試合への力へと繋がってくるのです。

完全に意思の疎通ができて、完璧に息の合った動きをできるダブルスペアというのはトップレベルのプレイヤーでもなかなか稀なことですから、連携・コミュニケーションを育てるより、まずダブルスでの個人技術のレベルアップをはかりましょう。


■戦術は勝つために必要不可欠だけど…

ダブルスでの試合の勝敗の鍵を握るのは『戦術』であると言っても過言ではありません。

ダブルスでは一般的に雁行陣を行なうことが多いですが、ペアの相性やレベルによっては別の陣形が合うということも少なくありません。

どの陣形が合うのか?
それぞれの長所、短所は?

こういうことを使いこなす前に…、というよりも使いこなすためにはペア2人の技術レベルによって採用するものが変わりますし、試合展開応じて変則していくなど、勝てるペアというのは『ダブルス戦術においても応用力』があるのです。

このように応用していくには、やはり個々のダブルスでの個人技術レベルが必要ですから、ダブルスに必要な個人技術を向上させる必要があるのです。


■偏らない練習

ここまでをご覧になると、「じゃぁダブルス用の個人技術をアップさせればいいんだな」となってしまいそうですが、お伝えしたいのはそういうことではありません。

勝てないペアというのは、

・テニス技術だけをレベルアップさせようとしたり
・シングルスで上手くいっていた技術やテクニックをダブルスで使おうとしたり
・技術レベルがないまま、戦術だけでダブルスは勝てると思ったり

どこかの1点だけに目を向けてしまっているのが勝てない理由です。

『ダブルスでのテクニック・技術』
『ダブルスにおいての戦術』
『ペアとの連携・コミュニケーション』

これらを総合的に、バランスよく向上させる必要があるということなのです。

シングルスで培った技術やテクニックをダブルスで行使しようとしすぎると、それは逆にペアとの連携の邪魔になるだけの可能性すら秘めています。


いかがでしょうか?

勝てないペアが勝てるようになるためには、まずはどこが自分たちに足りていないところなのかを理解し、そこをレベルアップさせていく必要があります。

もちろんすべてのものを完全に並列にバランスよくすることはできないと思いますが、それでも『ここが欠けている』というほどの部分がないようにしていくと良いですね。

この内容があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント