色々な生活の知恵をお届けします

バスケットボールのコツ ハンドリングを制するものはバスケを制する

バスケットボールにはドリブルやパス、シュートなどいろいろな種類の練習方法があります。

バスケットボールを上達させるコツとしてはとても大事なものですね。

ただ、本当に大切な上達のコツは別のところにあります。

それが『ハンドリング』です。

基礎体力づくりや俊敏性を養うためには走り込みやシャトルダッシュなど色々と他の練習もありますが、ドリブルやパス、シュートなどボールを実際に扱う技術を上達させるにはその基礎・土台となるハンドリングを身に着けなければなりません。

バスケットボール コツ ハンドリング

ボールをコントロールするためのハンドリングの力を向上させることができれば、おのずとドリブルやパス、シュートなども上達させることができるのです。

・ドリブルの練習
・シュートの練習
・パスの練習

と、そのままスキルに繋がる練習をしたほうがそれらを上達させることに直結すると考えがちなのですが、実はどのスキルもボールをコントロールする力がなくてはできないものですし、ボールコントロールが身についていなければ上達できないのです。

ハンドリング力をアップさせてボールコントロールできていれば、同じドリブルでも、まるで手に吸い付くような相手選手に奪われづらいドリブルができます。

同じように、シュートでも自分の思うようにボールに力を加えて、狙ったところに狙った形でシュートできるようになります。

ディフェンスに邪魔されて少し体勢が崩れたとしてもハンドリングがしっかりしていれば万全の状態で打った、本当の実力に近いシュートが打てるのです。

パスでも同様ですね。

逆にハンドリングがしっかりできていない状態であれば表面的に上達したようには見えますが、少しディフェンスがあったりすると崩れますし、それこそ環境(ボールやコート、ゴール)が違うというだけでも実力が出せないということにも繋がります。

ですからハンドリングがすべてのスキルの土台となり基礎となるのです。

もし、あなたがいくら練習をしても手にボールがなじまずシュートやパス、ドリブルなどが上手くいかないと悩んでいるのであれば、ハンドリング、ボールコントロールを見直してみてはいかがでしょうか。

ハンドリングのためだけの練習を欠かさず入れることも大切ですが、それだけではなくシュート練習やドリブル練習をしているときも、ハンドリングのことを意識しているだけでも今までとは練習の質が違ってくるはずです。

基礎、土台となるものの練習というのはどんなスポーツでも地味で、成果に繋がりづらく見えるものですが、実はそれらをしっかり固めることが、何よりも上達のコツとなり、上達の近道となるのです。

この内容があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント