色々な生活の知恵をお届けします

腰痛が治らない原因は医者のせい?

このページをご覧になっているということは「腰痛が治らないなぁ…」と悩んでいらっしゃると思いますが、その腰痛について、『椎間板ヘルニア』もしくは『脊柱菅狭窄症・すべり症』『分離症・分離すべり症』と診断され、そのための治療をしていませんか?

これらに当てはまらない場合は、『坐骨神経痛』『ぎっくり腰』といった病名を告げられていませんでしょうか。

(ちなみに坐骨神経痛やぎっくり腰というのは正確には病名ではなく、医師が痛みの原因が分からない場合に、便宜的に使う名前です)

腰痛というのは非常に複雑で本当の原因が分かりにくい病気です。

腰痛 治ら ない 原因

そして、本当の原因というものが分からなければ、それを治すために適切な処置というのは当然できませんよね。

ですから、『薬』『牽引』『温熱』などの治療を受けても腰痛がなかなか治らないのです。

“それらしい”治療を総当りのように続けていって「これがダメならあれ」という形の治療をしていては、なかなか治らないですし、本当に必要な治療がいつになったらできるのかも分かりません。

また、腰痛のためにレーザー治療などの手術まで行っているのに、痛みが治まらない人がいるのはそれが原因なのです。


このようなことがなぜ起こってしまうかというと、多くの医師はMRIやレントゲンといった画像のみで腰痛の原因を探ろうとします。

そして実はこれが腰痛の本当の原因を発見できない大きな大きな原因となっているのです。


なぜかというと…

1つに、本当の腰痛の原因は画像だけでは判断できない可能性が高い

腰が痛いということで、腰回りのレントゲンなどを撮りますが、この画像だけでは、どこがどのように影響して腰痛という痛みが発生しているのか判別できない場合が多いのです。


1つに、痛みの原因だと画像がから判別しても間違っているケース

たとえばMRIなどの画像の中でヘルニアを発見したとしても、痛みの本当の原因がそこからではない可能性も否定できず、そこを治療したからと言っても痛みが治まらないという場合もあるのです。


このようなケースがあるので、医師から『椎間板ヘルニアです』と診断されて、そのための治療をしていてもまったく痛みが引いていかないという場合はつまり…

「あなたの腰痛の原因は椎間板ヘルニアではなかった」

という可能性が高いということです。

もちろん本当に椎間板ヘルニアで、痛みの原因も椎間板ヘルニアだけど、そのための治療をしっかりしていて、まだ治療が済んではいないから痛みが治まらない…ということもありますので早とちりはダメです。

ですが、腰痛の原因と治療が噛み合っていなければ当然ながら腰痛は治りませんし、腰痛の原因もなくなりません。


たとえばですが、腰痛の原因となるものというのは次の4つが挙げられます。

・筋筋膜性腰痛
・椎間板性腰痛
・椎間関節性腰痛
・骨盤関節性腰痛

言葉だけではどのようなものか分からないかもしれませんが、そういうものがあるということだけでも理解しておいてください。

『ぎっくり腰』や『坐骨神経痛』という便宜上の病名にあたる腰痛もこれらの4つからくる場合がほとんどです。

そして、この4つ腰痛の原因というのはMRIやレントゲンといった画像ではほとんど判別できないのです。

ですから、それらに適した正確な治療が行われておらず…それが腰痛が治らない原因となっているのです。


いかがでしょうか。

あなたの腰痛が治らない原因を知るのに少しはお役に立てましたでしょうか。

治療を長年続けているのにいっこうに良くならない腰痛をお持ちでしたら、別の良い先生を探して診てもらうのも本当の治療のためには大切なことですよ。


この内容があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント