色々な生活の知恵をお届けします

アーチェリー 初心者が上達できない理由と上達のコツ

アーチェリー初心者に限らず、多くのアーチャーが

・スコアがなかなかアップできない
・スコアをアップするための正しいフォームが分からない
・押し手の肩がつまってしまう
・クリッカーのタイミングを合わせるのが下手
・左右バランスがどうしても崩れてしまう

などなど、このような悩みを抱えています。

では、どうしてアーチェリーが上達しないのでしょうか。

アーチェリー 初心者 練習 上達

まず大きな理由として、多くのアーチェリー初心者が初めてアーチェリーというスポーツを習うときに、最初の指導に問題があるということが多いです。

これにより、その後のアーチェリーの悩みの多くを生み出す原因となってしまうことが問題として挙げられます。

つまり…

・先生やコーチから良いフォームを見せてもらえない
・初心者にも分かりやすく丁寧な指導をしてもらえない
・実は間違った指導を受けている

ということです。

これでは、なかなかアーチェリー初心者が上達するのは難しいですし、自分自身が詳しいわけではないですから、その指導に違和感を覚えつつも、間違っているのか正しいのかも分からずそのまま練習してしまいます。

そして、間違った癖が染み付いてしまい、さらに上達の妨げとなるのです。

もちろん、効率よく正しい練習方法を教えてくれる指導者もいますが、マイナーなスポーツなため非常に数が限られているのが現状です。

・本当は実力があるのにそのせいで伸び悩んだり…
・才能を引き出せなかったり…
・上達しないことでモチベーションも下がり、そのままやめてしまったり…

特に重要なフォームについて問題があることが多く見受けられます。

アーチェリーは『構えている時の形:静的射型』『動きを意味する:動的射型』があります。

止まっている時、つまり構えて静止しているときは素晴らしくキレイなフォームなのに、射の流れをする動きの部分になると射型が乱れて良い射ができない、なんてことになるのも、動的射型ができていないからです。

これらの2つの射型どちらもともに非常に重要だということを理解し、そしてそれを正しく伝えられる指導者が数少ないのです。


また、アーチェリーは筋肉だけではなく、『骨』も上手く使って射の練習をする必要がありますが、それも正しく実践できていませんし、このことで筋肉ばかりに負担をかけ、スタミナ不足となり力負けしてしまう原因にもなっているのです。


いかがでしょうか?

このように指導者や指導内容に問題があることがアーチェリー初心者が上達できない理由になっているので、まず上達するコツとしては、

・静的射型だけでなく動的射型も重要
・筋肉だけではなく骨も使って練習する

このことを伝えられる指導者を見つけることであなたのアーチェリーが上達することに近づくはずです。

指導者を変えずとも、これらのことをまったく意識していなかった状態から、独学でも良いので、これらを学んで練習するのでは大きく差がついてくることでしょう。

独学では間違った練習をしてしまって変な癖がつくという可能性は拭えてはいませんが、まったく意識していないのとは大きく違いますね。


この内容があなたにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント