色々な生活の知恵をお届けします

水筒の中身って悪くなる(腐る)の早いんですか?

寒い季節になってくると、水筒に温かい飲み物を入れて飲みたくなりますよね。

私です。

私は基本的に家にいて自宅を警備してるわけですが、そんな時にほぼほぼ常にインスタントコーヒーを作って飲んでいます。

バリスタ持ってるんですが、あれ普通にインスタントコーヒーですよね。

なんかちょっとひと手間かけて面倒なインスタントコーヒーを飲んでるだけな感じがして、ほぼ使わずに埃かぶってる状態です。

おっと、そんなことはいいんです。

コーヒーって美味しいですね

そんなコーヒーをいつも作って飲んでる私ですが、寒い季節以外はスタバで買った、ちょっと保温効果のあるカップを使っていて、寒さが本番になってくると、そのカップではすぐにコーヒーが冷たくなってしまうので、水筒にコーヒーを入れて飲んでいます。

これならしばらく温かいまま。

嬉しい。

ただ、なんか水筒にコーヒー入れてると悪くなる(腐る)のが早い気がするんですよ。

基本的に作り直すのが面倒なので、1日のコーヒーは1回作ってそれで済ませたい派なので、けっこう多めに作ります。

スタバのカップも大きめです。

水筒はそんなに大きいものじゃないですが、まー1日の分くらいは足りるくらいの大きさです。

で、たまに飲みきらないで残ってしまって、そのまま寝て次の日の朝とか、昼くらいまで昨日の残りを飲んだりするんですよ。

(普通の人は飲まないかもしれないけど、ケチなので捨てることができない)

これ、あんなに暑い夏場でも次の日でも味が落ちてるくらいで腐った感じの味はあまりすることないんですけど、水筒のものはほぼほぼ間違いなく腐ったような酸っぱい味がします。

(さすがにその味がした場合は泣く泣く捨てます)

コーヒーが腐っている

夏ですら腐らないのに冬は腐る。

これはつまり水筒に原因があるのではないかと。

水筒に入れると腐るのか?と。

素人考えでは、外気にあまり触れてない水筒のほうが腐らない気がしてたんですが、そんなことはなさそうなんですよね。


そして、たとえ酸っぱい味がしなくても腐るのが早いということは、平気だと思っていて普通に飲んでいるときでも多少悪くなっているんじゃないかという不安があります。

別にお腹を壊さなければいいかもしれませんが、多少悪くなっているものを、毎日毎日飲んで積み重ねていけば、内臓に負担かかるんじゃないの?という不安もありますよね。

これはイカン、ということで、まずは水筒に口をつけないようにして、水筒からカップに移して飲むようにしました。

ペットボトルの飲み物も飲みきらないなら口つけちゃうと雑菌が繁殖するからダメって言いますよね。

その原理と同じで水筒もダメだろって考えのもとにそうしました。

ペットボトルに口をつけて飲んじゃダメ

これで確かに少し腐ってるような味を感じる率が下がったような感じはしましたが、それでも水筒を使っていない時期よりもやっぱり悪くなるのは確実でした。

つまり口をつけているからっていうのもあるけど、それだけじゃないなーと。


で、次に考えたのは素人考えの発想は逆じゃないのか?という疑問を持ちました。

ある程度密閉されている空間だから『逆に』雑菌が繁殖しやすいんじゃないかという考えです。

なので、1日で飲みきらずに残っちゃう場合は、寝る時にフタを開けたままにしよう、と。

フタ閉めておいても、さすがに水筒とは言えど、起きるまでには冷めきってますから、フタ開けといても同じです。

多少ホコリが入るんじゃないかなってくらいの差です。

雑菌が繁殖するよりはだいぶマシです。


これがなかなかに功を奏しました。

・水筒に直接口をつけない。

・ある程度の時間放置しちゃう場合は、フタを開けておく。

この2つを実施した結果、かなり悪くなる率を改善できました。


ここまでして腐る率を下げたので、ここを超えて悪くなるようなら、その時はさすがに放置しすぎだから諦めて捨てようっていうことで落ち着いたのですが、いや待てよ、と。

なんで水筒は悪くなるのかもうちょっと原因を知ったほうがいいんじゃないかと。

ここでようやく調べてみる気になって調べてみました。

(もっと早く調べろ)


調べてみた受け売りでしかないんですが、まずそもそもとして、ちゃんと水筒の説明書を読んでみると牛乳などの乳製品の飲み物は入れちゃダメって書いてるものが多いようです。

コーヒーに牛乳を入れる

残念ながら私の水筒の説明書なんて読んだこともないですし、どこにいったのかも分からないので、手持ちの水筒の真実はわからないのですが、一般的な水筒はNGなものが多いらしいんですよね。

私が飲んでるのはコーヒーですが、ポーションミルクも牛乳も入れてるので、思いっきり乳製品入り。

インスタントじゃない美味しいコーヒーはブラックで飲むのも好きなのですが、インスタントはミルク入れないとダメ。

という感じで牛乳普通に入っているので、これが原因か!

牛乳は栄養価が高いからその分、発酵もしやすくてつまり腐りやすいという理由だそうです。


完全に“これ”ですね!


メーカー側が禁止してる理由は、発酵ガスが溜まって、水筒のフタを開けたときに『プシュ』っと中身が飛び出して衣服とかを汚す可能性があるみたいなので、そこに『クレーム』をつけてくる人を止めるためってのもあると思います。

洗濯機で子どもを洗わないでください、と同じあれですね。

 

その発酵繋がりで他の理由としては、水筒は普通のカップと違って洗いづらいので、目に見えないような汚れ(ステインとか)が残っていて、それが溜まって腐ったような臭いと風味を出すってのもあるようです。

なので、普通に手でスポンジを使った洗いかたはできないですから、棒付きのスポンジがあるので、それを使って洗うようにしています。

あと、ゴムのパッキンなどもあるので、そういうところの隙間とかにガッツリ汚れが残っている場合もあって、そこが非常にヤバイと。

なので、定期的に食器用の漂白剤やら洗浄剤やらを使って汚れをキレイさっぽり落とすのも大事ですね。

水筒は丁寧に洗いましょう

ということで、普通のカップよりも水筒のほうが悪くなりやすい要素が多いから、当然といえば当然のようですね。

ま、そもそも残ったコーヒーを次の日にも飲むのがダメなんだと思いますが(笑)


では、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント