色々な生活の知恵をお届けします

足が冷たいのに汗をかくのはなんででしょうね?

冬になると体中寒くなりますね。

気温が低いから当然と言えば当然ですが。

そんな中で何故か足は冷たいままなのに汗だけかくという謎の現象に見舞われている私です。

なんで足は冷たいのに汗かくんでしょう?

足先はあまり血管が無いというか細いというか、熱をあまり持てない部位なので冷えるのはわかるんです。

夏場でもエアコンが効いている部屋にいると体は快適でも足だけ冷たくて…っていうのも理解できます。

でも、『冷たいのに汗をかく』というのはどうにも納得できません。

そこでその原因を調べつつ、対策なんかも知れたらいいなーということで調べてみました。

足が冷たいのに汗をかくのはなんで?

まず足が冷たいのに汗をかく理由は簡単でした。

逆です。

汗をかくから冷たくなってしまうということです。

足に限らず「汗をかいたままでいると体が冷えて風邪をひく」なんてことも良く言われていますし、この理屈は非常に分かりやすいですね。


でも…うーん。

夏の暑い日にエアコンが効いていても靴の中だけ蒸してて足だけ汗かいて、それで結果として汗で冷えるっていうのは分かります。

でも冬の寒い日に暖房とかもかけてないで、体はそこそこ厚着してて暑くも寒くもない。

それくらいの状態で足だけ冷たいってあると思うんですよ。

でもそんな足が冷たい中でも足だけ汗をかくのは上記の理由だと説明できなくないですか?


そこでさらに調べてみたのですが、体温調整機能が故障しているという理由が考えられるようです。

つまり、標準体温の設定が低くなってしまっていて、暑くもないのに汗を出して温度を下げようとしてしまうということです。

標準体温を36度だとして、足も36度になっていればこれ以上温める必要もないですし、冷やす必要もありません。

でも体温調整機能が故障していて標準の36度であるにも関わらず『もっと冷やさないと!』となってしまえば、汗を出して温度調整しようとしますよね。

それが原因である、と。

 

なるほど、これなら足が冷たいのに汗をかくという理由に納得ができますね。

このような症状は簡単にいうと冷え性で、さらに足が冷たいのに汗をかくくらいになってくるとかなり冷え性が悪化している状態であると言えます。

そしてこのように冷え性が悪化する理由は現代のストレス社会が原因となって、自律神経が乱れてしまっていることが理由です。

汗の分泌量は自律神経がコントロールしているので、これが乱れているということは変なタイミングで汗を出してしまって、十分冷えているのにさらに冷やしてしまうという現象が起きるんですね。

だから『足が冷たいのに汗をかく』ということが起こるわけですね。


なるほど、よくわかりましたね。

すでに冷たいのに汗をコントロールする自律神経、体温調整機能がおかしくなっていて『もっと冷やそう!』という働きをしてしまい、汗を出して冷やすようにしてしまう。

だから足が冷たいのに汗をかく。


では、これを解決するにはどうしたらいいんでしょうね?

ということでそれも調べてみたいと思いますが、さすがにこの同じ記事内で書くと長くなる&ゴチャゴチャするので、次の記事に任せたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント