色々な生活の知恵をお届けします

歯磨き粉は粉じゃないのに粉という理由はもちろん…

歯磨き粉って歯を磨くときに歯ブラシにつけるペースト状のものが一般的ですが、ペースト状のものが一般的なのにネーミングは歯磨き『粉』といいますよね。

これが不思議です。

僕としてはもちろん『昔は粉末状のもので、そのまま名残で呼称されている』と思っているのですが、果たして…。

歯磨き粉は粉じゃないのに粉という理由はもちろん…

結論から言うと、『昔ながらの呼称が残っている』で間違えではないようです。

ただし、もう1つ考えられる理由があって、それは研磨剤の微粉末が入っているから、それも当然『粉』ですから、歯磨き『粉』というなんて説もありますね。

そしてこの疑問はどこまでいっても『説』に留まるでしょう。

なぜなら歯磨き粉の正式名称は特に決まっていなくて、公的な呼称としては『歯みがき』だからです。

つまり歯磨き粉というのは、世間一般の人や企業などが勝手にそう呼んでいるというだけで、公的・法的な呼称は『歯みがき』です。


しかし『歯みがき』と言うと『歯を磨く行為』の動詞とも取れてしまうため非常に紛らわしいですよね。

ですから、動詞ではない物の呼称を『歯磨き粉』と呼んで、差別化しているとも考えられます。

というか、だからこそ昔ながらのその呼び方が定着して離れないのでしょう。

だって『歯みがき』って呼んだら紛らわしいから。

昔ながらのものでもたとえばジーンズとかって昔はジーパンって言いましたけど、定着していたはずなのに、簡単に新しいものに取って代わられましたよね。

変わるものは簡単に変わってしまうのに、歯磨き粉という見た目は粉にまったく見えないものが定着しているのはそういうことではないでしょうか。

歯みがきペースト、とか言うの面倒ですしね(笑)

ということで、歯磨き粉は粉じゃないのに粉という理由は

・昔ながらの呼称が残っている
・研磨剤という微粉末が入っているから粉でも間違っていない

というものでした。

毎度のことですが、物事にはほぼ『諸説あり』というのが常識なので、情報はすべて鵜呑みにせずに自分の中で噛み砕いて、納得いったものだけを取り入れて自己責任でご活用くださいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント