色々な生活の知恵をお届けします

口臭は胃から?それとも肺?口臭の原因と間違った対策

口臭の悩みは本当に深いものですよね。

特に臭いものは食べてないし、歯だってちゃんと磨いてる。

なのにコソコソと「あの人の口、臭いよねぇ」なんて笑われているのは耐えられません。

好きで口臭があるわけじゃないし、色々試してるのに改善しないし。

口臭 原因 胃

人に相談もしづらくて、1度指摘されてしまうと

「今も臭ってるんじゃないか」
「こんなに近くで話をしたら嫌がられるんじゃないか」
「自分の息を嗅いでも分からないから確認もできない」
「でもやっぱり嫌な顔されてる気がする…」

と、どんどんドツボにはまっていきます。

そもそも口臭はどこから来るのか。

その原因は大きく分けると「口」、「胃」、「肺」の3パターンがあります。

なので、まずはご自身の口臭はどこが原因になっているのかを把握する必要があります。

そうしないと、見当違いのところを対策して、「いつまで経っても口臭が改善されない…」と悩むことになってしまいますからね。

ただ、原因を把握するとはいっても、複数の要因が重なっている場合もありますので、1箇所の対策をしても安心はできません。

ですので、原因の把握はしっかりと行いましょう。

 

そして、対策としては色々なものがありますよね。

病院などの治療から、自分で購入できる口臭対策グッズまで様々です。

病院に行く場合は直接『口臭が気になる』と言わなくてはいけないので、恥ずかしさがあります。

グッズを買うのも昔は恥ずかしさもありましたが、最近ではネットで注文できるので、Amazonや楽天で探してみると良いかもしれませんね。

ただし、グッズを買う場合には注意が必要です。

最近では少しずつ洗練されてきていますが、それでもまだまだ質の悪い商品がそれなりにあります。

たとえば舌磨き用のブラシなんて最たるものです。

確かに舌の上に食べかすが残りやすく、残っているとそれが口臭の原因となりやすいです。

ですから舌磨きというのは口臭予防に良いものなのですが、だからと言ってどんな舌磨きブラシでも良いかというとそんなことはありません。

質の悪いものを使っていると舌の上の細胞を壊してしまい、それが口臭の原因となることもあるからです。

また口臭を消そうと思って力を込めてゴシゴシとやってしまっては、良い舌磨きブラシを使っていても、やはり舌の上の細胞を壊してしまうことに繋がります。

ですから、良いものを使いつつ、優しく丁寧にブラッシングしてあげることが重要です。

口臭予防のためにやっていた舌磨きで、逆に口臭を悪化させてしまっては、たまったものではないですよね。


他の口臭対策グッズも使用方法はしっかり守って粗悪なものは避けるようにしましょう。

逆効果の可能性を忘れずに。


そして、直接相談する恥ずかしさを乗り越えれば、

原因が… 
・口の中なら歯医者
・胃や食道なら内科
・肺からなら循環器科

でしょうか。

それらに行っても、もし、しっかり原因が判明しない場合のアドバイスとしては

「タバコは吸いますか?減らすか、やめるかしてください」
「歯をきちんと磨きましょう」
「胃が弱っているかもしれないので薬を出しましょう」

程度のものだったりします。

ただ、そうは言っても胃の病気だったり、食道の病気だったり、肺の病気だったりと、それらが原因で口臭となっている場合も考えられますから、気になるようでしたら一度は病院に行って診てもらうのが良いでしょう。

 

口臭は日によっては体調で出たりもしますから、1度指摘されたくらいではそれほど気にしなくても良いかもしれません。

もし、多少恥ずかしくても「今日は息大丈夫かな?」程度の聞ける相手がいるならこまめに確認してみるのも良いです。

意外と、「あの時は確かに臭ったけど、最近は大丈夫みたい」など、実はタイミングによってそうでもない可能性もあります。

すごく気にしてみると、意外とどんな人でも息が多少臭う日があったり、週があったりします。

あなたの口臭を指摘した人はたまたまそのタイミングに当たっただけの可能性もありますし、妙に臭いに敏感な人もいますし、実はずっと口臭があるわけではない可能性もあります。

かくいう私も恥ずかしながら口臭を指摘されたことがあって、確かにその時は臭っていたのかもしれませんが自覚がなく。

それでも気になるので勇気をもって歯医者に行ってみたら、医療用?の口臭チェッカーのような機械で調べても臭いはほぼ無し。

さらに担当してくれた歯科衛生士さんも「機械の数値も問題ありませんし、私からしても特に臭いが気になるってことはないですよ」とおっしゃってくださいました。

それで本当に安心できたのを覚えています。

もし、あなたがずっと口臭を指摘されていて、自覚症状もある、などなら別ですが、1度指摘されてそこからずっと悩んで考えて、塞ぎこんでいるなら、私の体験も参考にされてください。

ちなみに…最初から「口臭が気になる」と予約するのは恥ずかしすぎたので、まずは『歯石取り』で予約して、それが終わったくらいのタイミングを見計らって、「あの…」という感じで相談しました。

ご参考までに。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント